ブログで稼ぐための教科書! 期間限定で超有料級の他では手に入らないコンテンツを今だけプレゼント中!!
*メールアドレス
*お名前(姓)


※パスワードは最初のメルマガでお渡しします!

トレンドブログにおける画像使用は是か非か?キーワードとしてはどうなのか?

a1130_000229
Pocket

記事の中に画像を入れることはどうなのか?
芸能人の画像を使ってもいいのか?
タイトルの中に「画像」というキーワードを入れるのは効果的なのか?

こういった質問を受ける機会が多いです。

確かに難しい問題です。

それはいろんな問題が絡むからです。
今回は画像の使用について少しお話したいと思います。



芸能人や有名人の画像を記事内に挿入してもよいのか?

これについては、あなたが撮影した画像でなければ
無許可で使用してはいけません。

これが答えです。

まぁ、当然のことですが、画像には著作権という問題がついて回るからです。
ですが、その著作権が誰のものであるかが判断しづらいのも事実なんです。

例えば、ファンと芸能人の交流会で撮影した画像は
その芸能人著作権があるかというとそうではなく撮影者に著作権があるのです。

ですから、使用を考える画像があなたの撮影したのもであれば
記事内に挿入することは差支えないでしょうが
そうでなければやめておいた方がいいでしょう。

他にもキレイな風景画像などにも同じことが言えます。
これも撮影者に使用の許可をもらってない場合は避けた方が賢明と言えます。

撮影者としてはいろんな経費などを使って撮影した渾身の1枚であったりするわけです。
それを無断で使用されたりしたら頭に来たりするわけですよ。
ですから、場合によっては訴訟という問題に発展したりするのです。

ただ、ネット上を見れば多くの方が芸能人の画像や風景画像を使用しているのは事実です。
だったら私も…と画像をしようするのは
もう、あなたの自己責任でどうぞというしかありません。

使用画像は著作権フリーの画像にととどめておく方が無難であると
いうことだけはお忘れなく。

引用元を明記していてもダメですか?

はい。
ダメなものはダメです。

某有名商材の中で、画像を使用する場合は
引用元を明記しましょうと話をしていますが

いくら明記したとしてもクレームが入るときは入ります。
万が一でもそういった可能性があるのであれば…

もうおわかりですよね。

タイトル内に「画像」というキーワードを入れるのは効果的?

全て自己責任でという前提で「画像」というキーワードを使用した場合で
ぼくの考えをお話しますね。

この効果的かどうかという質問は、アクセスが呼べるかどうかということを
聞かれているものと解釈しました。
ですから、その解釈のままお話します。

効果的かどうかというと、「場合による」としておきましょう。
また、どっちつかずの回答で申し訳ないです。

なぜそのような回答なのかをお話します。

わかりやすく例を挙げますね。

例えばあなたが
「大島優子のかわいすぎる画像をGET!」
というタイトルを付けて記事を投稿しようと思っているとします。

この場合、仮に「ライバル」が少なくて上位表示が可能だとしたら
アクセスは呼べると思いますか?

ぼくはハッキリ言って難しいと思うのです。
どうしてかというと、実際に検索して見ればわかります。

恐らく検索結果はこうでしょう。

repo-to285 赤枠で囲んだように一番上に画像のコーナーが出現します。
相当無名のタレントであっても出現すると思います。

実際にいろんな芸能人や有名人で試してみてください。
となると、先ほどの例のタイトルですとまずクリックはされないということが
容易に想像できると思います。

大島優子さんの画像を単純に見たくて検索した人は、
表示された画像コーナーで画像を見ませんかね?

仮に「かわいい画像」を見たい人は?
そうです。
表示された画像コーナーのサムネイルを見ればかわいいかどうかは一目瞭然で
その時点で事足りてしまうのです。

では、効果的に働く場合はあるのかどうかですが
これは「あります」というのが答え。

どういう場合か?
それは、仮に大島優子さんにタトゥーがあると噂になったとしましょう。
(これはあくまで話をわかりやすくするための例です。実際はそんなことありません)

その時に
「大島優子のタトゥーが衝撃的!画像見つけちゃった…」
というタイトルで記事を投稿します。

このとき、「タトゥー画像」がネット上にない場合…
どうでしょうか?
見たくなりますよねww。
ですから、「場合による」なんです。

「かわいい」とか「きれい」とかいう誰が見てもわかるようなキーワードと
絡めて画像と使っても意味がありません。
あくまで見たい画像が特定されている場合に限ると思ってください。

それくらい「画像」というキーワードは狙いにくいのです。

まとめ

様々な面から考えても、画像の使用はリスキーです。
効果的に使える場面も限られています。

それを天秤にかけ使用するのであれば、使用してもいいでしょう。

ただ、著作権違反をした画像を利用しなくてもアクセスは取れます。
どんなキーワードを狙うのか?
効果的なタイトルはどうつければいいのか?
トレンドブログでキモとなる部分を知りたくないですか?

そういったトータル的に考えて財産となるトレンドブログの取り組み方を
ぼくのメール講座ではお話しています。

今ならページ総数370ページの「稼ぐ」為のノウハウをすべて詰め込んだ
教科書をプレゼント中です。

ぜひ、登録して安定して稼いでいく情報を手にしてみてください。

Pocket

注目情報!

*メールアドレス
*お名前(姓)


今だけ!期間限定で動画50本超!総再生時間600分以上の ブログで稼ぐための虎の巻をプレゼント中!
「有料の教材よりいい!」「丁寧でわかりやすい!」など 実践者から毎日のように感謝の声をいただいています。

コメントを残す