ブログで稼ぐための教科書! 期間限定で超有料級の他では手に入らないコンテンツを今だけプレゼント中!!
*メールアドレス
*お名前(姓)


※パスワードは最初のメルマガでお渡しします!

立ち上げ初期の弱いメディアにアクセスを劇的に集める方法とは?

repo-to530
Pocket

まだ開設したばかりのメディアやアクセスの全く集まらないメディアに
記事を投稿していくにあたりどういったところを狙うべきなのか?

実はその時々に狙うネタというものは存在するのです。
(ブログの強さにより狙うネタは異なります)
あなたが狙うネタは、明確になっているでしょうか?

ブログを立ち上げた目的をまず思い出してみましょう。

「お小遣い稼ぎをしよう!!」

そう考えたからではなかったでしょうか?

そうですよね。

ここまで何度もお話したので復習になりますが
お小遣いを稼ぐ為にはまずお金が生み出される仕組みを
もう一度振り返ってみる必要があるかもしれません。

お金は湧いて出てはきませんからねww。
ではどう生み出すのか?


この公式を見てください。

アクセス数×クリック率×クリック単価

この中であなたが努力をして、多く獲得できそうな部分はどこでしょうか?

答えを言いますね。
上記公式の中で、努力が実を結ぶのはアクセス数です。

厳密にいうと、クリック率も努力次第でアップは可能なんですが
「劇的に」という部分で考えた場合、アクセス数ということになります。

そうなんです。
アクセス数をアップさせることこそ報酬増加につながるということです。

次に考えることは、メディアを立ち上げた段階で
アクセスを集めるにはどうすればいいのか?
ということですよね。

アクセスを集めると一言でいうと簡単なんですが、
ネタの選定を間違ってしまうといつまでたっても爆発的なアクセスが集まらない…。

これは避けたいですよね。
では今回は、立ち上げ初期の段階でアクセスを集めるネタとは
なにかについてみていきましょう。
(初期に限らずメディアにアクセスが集まらない理由はここにあることが多いようです)

・立ち上げ初期のよちよち歩きのメディアが狙うべきネタとは?
・ブログ運営をしていて1000pv/日も集まらないときに狙うネタとは?

について具体的に見ていきたいと思います。

立ち上げ初期やアクセスが集まらないメディアが狙うべきネタとは?

では早速。
あなたはどんなネタを狙えばいいと思いますか?
少し考えてみてください。

有名芸能人の話題でしょうか?
さきほどテレビでやっていたニュースから?
お昼のワイドショーで紹介されたお店の情報でしょうか?

はい。すべて間違いではありません。
ですが、前提条件があります。
「メディアが戦えるくらいに強くなってる」という前提条件です。
ですが、このコンテンツを読んでいるあなたは、
おそらくそこまで強いメディアはお持ちではありませんよね?

ということは、先ほどの3つの答えはあなたにとっては間違いということになります。
間違った方向で努力しても中々うまくいきません。

では、どんなネタを狙うのか?

その前に弱いブログの特徴について学んでみましょう。
弱いブログとは?

repo-to522
 

こんな状況でアクセス呼べるの?
そう思われたかもしれません。
ですが、例外なく立ち上げたばかりのブログは上記の特徴が当てはまります。
では、どうすればブログの強さは上昇するのでしょう?

これについては、毎日の継続した記事投稿!これが王道です。

毎日記事を投稿して、100記事くらいになったら
ようやく報酬が発生するレベルのアクセスが集まるようになります。

その間に小爆発を繰り返しながら、徐々にブログは成長していきます。

えぇ?それまで我慢なの?
まぁ、厳密にいうとそうかもしれません。
ですが、それではぼくがいる意味がないですよね。

repo-to523
早い段階でアクセスを集める方法を今から紹介します。
アクセスの爆発を起こせばそれなりに早くメディアも成長していきますから、
今から説明する方法で、まずはアクセスを集める努力をしてみましょう!
アクセスが集まる記事の特徴ですが3つあります。

・リアルタイム(ニュースなど)で話題になっているネタ

 

これはトレンドブログでの記事作成での王道的手法ですが、
このやり方でアクセスを爆発させるには、
いかにアクセスを集めることができるキーワードで
記事を素早く公開することができるかにかかっています。

すなわち、検索エンジンへのインデックスがいかに
早く完結するかということがすべてのカギとなるわけです。

ということは、言うまでもなく初期のブログには向かない。ということになります。
ところが厄介なことに、巷の教材は早い段階でこのネタを狙うように勧めています。
それではアクセスを集めることは難しいということに気付いてほしいです。

・リアルタイムでのテレビネタ

 

テレビが放送された直後に、そのことに対しての記事を公開することができれば、
大量のアクセスを集めることができます。

やはりテレビの持つ影響力はすごいです。
(一人当たりの1日のテレビ視聴時間の平均はおよそ3時間だそうです)

テレビで紹介された商品などがあれば、
それを取り扱っているWEBサイトが一時ダウンするといったことも
よく聞きます。

もし可能であれば、番組を見ながら記事を書いていくことができれば 効率的ですね。
ですが、これもいうまでもなく
インデックススピードは重要な要素になります。

メディアを立ち上げたばかりという場合
検索エンジン上にインデックスされるまでに
6時間~12時間かかることもあります。

つまり、一生懸命に記事を書いてもインデックスされるまでに
時間がかかるようでは、そのキーワードの旬が終わってしまうということです。

要するにキーワードにも賞味期限があるということがいえるわけです。
ですから、このネタも初期メディアには難しいということになります。

・ 未来予測ネタ

 

イベントや自然現象などがこれに当たります。
例えば、有名なクリスマスイベントなどあれば、
前ってそれを記事にしておけば、
そのイベント日の 1 週間くらい前から アクセスが集まり始め、
イベント当日に爆発します。

あと、数日後に放送されるテレビ番組のネタもこれに該当します。

確実に起きる事柄について、あらかじめ記事にするわけですから
検索エンジンの上位表示が出来れば、
その時期が来るだけで爆発する可能性が非常に高くなるわけです。
これなら、インデックスのスピードが遅いとか早いは関係ないですよね。
ですから、結論を言うと「未来予測」の記事が立ち上げ当初のメディアには
一番向いているということが言えるということになります。

repo-to524
 

未来予測記事の書き方



 

「未来予測」なんてどう狙えばいいんだ?
あなたはそういうかもしれません。

ですが、大丈夫です!

今から、ネタの選び方を具体的に説明します。
こちらの動画をご覧ください!

流れに沿っていけば、誰にだってネタは見つけることができます。
ご安心ください。

1 ネタ選定

まず、一番初めにするべきこと。
それは、どのネタをチョイスするのか?決めることです。

未来予測と言っても様々なジャンルがありますよね。
先ほども例に挙げた「イベント系」「自然現象系」「スポーツ大会系」
「テレビなどの放送番組系」etc…

関連記事>>>Yahoo!からネタ選定する方法をわかりやすく!
関連記事>>>ニュースサイトからネタ探し!おススメサイトを紹介!
関連記事>>>ラーニングポータルからのネタ探しはこのサイトとの併用で最強に!

挙げればきりがありません。
ちなみにぼくが大きく稼ぐことが出来たのが「イベント系」の記事でした。

年末から年始にかけて「クリスマス~初売り」のネタで爆発を数回繰り返し
1週間で10万の報酬を上げることが出来たのです。

ですが、イベント系は時期がうまくマッチしないと
不発に終わる場合が多いということ、
さらにクリスマスやバレンタインなどはビッグキーワードと呼ばれ、
余程うまいタイトル付けをしない限りライバルサイトが
強すぎて勝てないという欠点があります。

ですから、初めからイベント系で勝負するのは危険すぎます。

では何を狙うべきか?
「2~3日後または数日後に放送されるテレビ番組」
についてのネタが簡単でいいでしょう。
では、今からネタの選定方法を説明しますね。
ネタ選定に使うのは「テレビ番組表」です。
>>>「Yahoo!テレビガイド」

repo-to525 このサイトには、番組名、出演者情報などが詳しく記載されています。
ここから記事にするネタを選定していきます。

気になる番組をクリックしてみてください。
ここでは、毎週火曜の日テレ20:00~の「踊る!さんま御殿」を
チョイスしたとしてお話しますね。

repo-to526 すると、上の画像のように番組の放送内容が表示されます。
さらに、出演者情報も!こんな感じで全部わかります。
repo-to527
ここで、狙うのは出演者。
いいですか?
ここからがポイントになりますが…。
あなたが知らない芸能人をターゲットにしましょう。

大事なことなので、もう一度言います。
無名の知らない芸能人を狙いましょう!
これは、しっかり腑に落としてくださいね。
ネットで検索するユーザーは何を検索すると思いますか?

知らない芸能人を見つけ「この人誰だろう?」と気になるからこそ
検索をするのです。

repo-to431
ですから、そういった検索需要が増えるであろう芸能人を
先回りして書いておけばいいのです。

しかも、無名であればあるほどなおいいのです。

どうしてかわかりますか?

これは、無名であれば無名であるほど、ネット上には情報がないからです

ですから、前もってあなたのメディアの記事を、
その無名の芸能人の情報で検索上位に表示させられれば、
あなたのメディアしか存在しないわけですから…。
どうなるかは…おわかりですよね。

さんま御殿の例でいくと、出演者の中に「綾那」さんという方の名前が見つかると思います。
今回は、2世タレントの特集のようですが、ぼくはこの方を知りません。
実際に検索してみましょう。

repo-to528
検索結果を見るだけでこの人についてはイケる!と判断できます。
判断材料は「Wikipedia」の存在です。

綾那さんに関しては「Wikipedia」がありません。

上の「関連キーワード」の中にも「Wiki」がありますねww。

こういう「Wikipedia」がない場合は「Wiki」というキーワードは鉄板です。

さらに深堀りして「綾那+wiki」で検索します。

repo-to529
キーワードがまるまる入っているサイトは赤枠で囲んだ2つのサイトのみですよね。
両方とも、かなりもったいないタイトルが付けてあります。
その他のサイトは、キーワードがタイトルに含まれていません。
これは本格的に狙えそうです。

2 タイトル付け

番組内容をもう一度見てみましょう。

母親は女優の古手川祐子さんであることがわかります。
「母親の意外な交遊録」が話されることも書かれています。
ということは、母親についてのトークが中心になることが予想されますね。

父親は古手川さんの元旦那・田中健さんであるということはすぐわかりますし、
隠された事実ではないため、番組内でも話に出る可能性はあります。

この辺りを踏まえてタイトルをつけていきましょう。

キーワードは「綾那(メインキーワード)」「Wiki」
「母」(名前はわかっているのでタイトルに入れない)

辺りでしょうか。

さんま御殿というキーワードもタイトルには使いません。
父親もタイトルにはいらないでしょう。
こんなのはどうでしょうか。

「綾那のWikiやプロフィールは?母親との仰天エピソードを暴露!」(31文字)

上位表示されていたら、何となくクリックしたくなりませんか?

仰天エピソードの情報がなくて記事が書けないよ。
という方は応用編で紹介している
「情報がない場合の記事の書き方」を読んで見てくださいね。

関連記事>>>感動ライティング!情報がない場合の記事の書き方

初期のメディアでアクセスが集まりにくい場合は、
こんな感じでテレビの力を借りてみるといいと思います。

こういったネタ選定を繰り返すことで、だんだんコツがつかめてきます。

そうなれば、狙ってアクセスが集められますよ。
参考になれば嬉しいです。
一度、試してみてくださいね。

<補足>

タイトルには、既に判明していたり、
少し調べればわかるような「事実」は入れない方が賢明です。

ユーザーはわかっていることはイチイチ検索しませんし、文字数がもったいないです。
(〇〇とXXが離婚!子どもの親権はどちらに?とか、
出演番組名は入れないことを推奨します)
かといって、キーワードだけを羅列するのもやめておいた方が無難でしょう。
(ユーザーが見て読みたいと思うでしょうか?)

自然なタイトル付けが重要ですね。

実践していてわからないことや、
疑問点は遠慮せずにドンドン聞いてくださいね!
実践の報告も大歓迎です。

送っていただいたメールは全て目を通し100%ご返信します。
安心してお聞きくださいね。

Pocket

注目情報!

*メールアドレス
*お名前(姓)


今だけ!期間限定で動画50本超!総再生時間600分以上の ブログで稼ぐための虎の巻をプレゼント中!
「有料の教材よりいい!」「丁寧でわかりやすい!」など 実践者から毎日のように感謝の声をいただいています。

コメントを残す